棚橋vsザック G1観戦記

ザックがG1出るから新日本プロレスワールドに再加入しました。
して試合。

新日本プロレス登場の柴田戦は良かった。
後藤戦はしょうがないよね。
KUSHIDA戦も良かった。

ザックブレイク間近

の中の棚橋戦
序盤、意外にウマが合う。
あまり棚橋は序盤やりたがらないタイプかと思ったが相手とシチュエーションで選択したのかな。
ト書きが見えたんだろう。

右腕負傷の中、レスリンググランドの若き匠と互角の棚橋

ってト書きがね。
やはり読解力の棚橋。
負傷箇所を攻めさせる事でザックの得意な一点集中の展開に。
かつパケット毎にバラけがちなザックの攻めを腕に固定。
かつパケットごとの休憩時間で間が空いてしまうのをセールで隠すという

ザック戦での最善の選択を保険もまぜつつしています。


ドラスクからは腕vs脚に。


タフマッチにはさせない棚橋の先導役が光る作りです。

ラストも他の試合ほど盛り盛りにしなかったのは先のインターコンチ王座への布石だと思われます。

好きな試合。

棚橋に関しては抑え込みのトライが欲しかったがこれが王座戦のとっておきか。







コーガンズ・ホールディングス

悪役軍団山田組二代目組長のハレタコーガンが運営する(仮想)総合商社。①アマチュアプロレスというジャンルをもっと広めたい。②キャッチルールというジャンルをもっと広めたい。③様々なジャンルの事柄を面白くする。ってな活動を主に行っていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000