【拡散希望】WOSキャッチルール ルール解説

【キャッチルール概要(暫定版)】  

 WOSキャッチルールはヨーロッパに伝わるランカシャースタイルをモチーフとし、古くから

人気のあったイギリスのスポーツ番組 「ワールドオブスポーツ」で見受けられたプロレスを

モチーフとして闘うルールです。


 

 【試合形式及び勝敗】

*4分3ラウンドor4分5ラウンド 1本勝負or3本勝負 

*勝利条件は3カウント、ギブアップ、ダウンによるKO、TKO、反則行為での決着となります。

*ダウンによるKOは10カウントとします。 

*各ラウンド終了30秒前に拍子木を鳴らします。

 ※WOSキャッチルールでは3カウントは口でカウントします。 

 ※面の打撃を許可しつつ、頭部へのダメージへ配慮したグラップリングルールとしています。

※頭部へのダメージが見受けられた場合、競技者・レフリー共に試合を中断できるものとします。


【ダウンの定義】

*両の足の裏を付いていない状態をダウンとします。

仰向け、うつ伏せ、長座、四つん這い、片膝付きetc

※スピーディーな試合展開を作るため、この体勢になった瞬間から

即座にレフリーはダウンカウントを取ることになります。

またレフリーは通常よりも早いカウントをとる事があります。


 【反則】 

*髪を掴む、頭突き(首から上への)、目潰し、サミング、噛みつき、チョーク、鋭角な打撃、ローブロー、対戦相手への誹謗や中傷的な発言等、道徳上許されない行為や 凶器攻撃を反則とみなします。 

※特にWOSキャッチルールでは鋭角な打撃攻撃を禁止しています。 


 【不可例】 

*鋭角な打撃全般 →ナックル 通常エルボー トーキック 

*頭部全般(後頭部、脊椎含む)への打撃攻撃 →ハイキック、延髄切り等  

*頭から落とす技 →パワーボム ジャーマン バックドロップ  

*競技者がグラウンドポジションで且つキャッチしてない状態での打撃攻撃。 →エルボードロップ、ギロチンドロップ 

 *パウンド・鉄槌 


 【可能】  

*頭部以外への面による打撃 →エルボースマッシュ、ドロップキック、ソバット、エルボースタンプ、腹部胸部へのヘッドバッド

*頭から落とさない投げ技 →ボディスラム、サイドスープレックス、ヒップトス 

*上記加え一方の競技者がスタンド状態で且つキャッチ状態からの頭部以外の打撃はその限りではない。 


※状況や情勢に応じてルールが変更になる場合があります。



【目的】

「プロレスの入口と出口」をコンセプトにグランド中心のプロレスを紹介して競技人口を増やしたい。プロレスに対して実技実演が難しい層を積極的に取り込むことで人口増加を狙います。


【WOSキャッチルール対象年齢】




【WOSキャッチルール適応ポジション】


どのスタイルでもレギュレーション可能な配分にしています。


様々なジャンルの格闘スタイルが3カウントフォールを取りに行く試合形式です。

コーガンズ・ホールディングス

悪役軍団山田組二代目組長のハレタコーガンが運営する(仮想)総合商社。①アマチュアプロレスというジャンルをもっと広めたい。②キャッチルールというジャンルをもっと広めたい。③様々なジャンルの事柄を面白くする。ってな活動を主に行っていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000