Let's go コーガン! Let's go 徹也! 36

2015年9月

シングル・タッグ共に不在の中行われる久しぶりの興行。

私の対戦相手はヘンチーナ


健康プロレス世界ヘビー級選手権の挑戦権をかけた試合。


愛と渾身を持って勝ち取った。


鈴木徹也の怪我の復帰の見込みはない。


何年でも俺がメインイベンターで待てばいいだけだ。


しかし、意外に早く時は来た


2016年3月

健康プロレス世界ヘビー級選手権

(王者)鈴木徹也vsハレタコーガン(挑戦者)


が決定した。

2つ年下?関係ないね。

彼はもうジュニアヘビー級ではない。ヘビー級である。

幾度の怪我からも復活してきた男


NEW鈴木徹也


であると俺は見てる。

そうでないと一気にやられんぞ。


持たざる者は出来る事は全てやってきた。

だから滅多にしない約束を心の友とした


「己の全てをかけて、世界を目指すよ」


次回最終回


2016年3月27日(日)12:00~

蕨レッスル武道館

健康プロレス第26回興行『健康の架け橋』

メインイベント

60分1本勝負

「健康プロレス世界ヘビー級選手権」

鈴木徹也39歳

VS

ハレタコーガン

セミファイナル

60分1本勝負

「健康プロレス世界タッグ王座選手権」

アグネス・チャン・リン・シャン

ダニー黒亀頭

VS

スーパーしみず

伊藤・クンニー

第4試合

45分1本勝負

「ボッキー試練の3本勝負最終戦 健プロ伝承」

半魚人マサカズ

VS

ボッキーコングJr.

第3試合

30分1本勝負

「さよならベッキー、こんにちはマッキー」

マッキー

IN金玉スダレ

VS

コッペパン・ベイダー

吸いカップ健漏遅

第2試合

30分1本勝負

「初めての山田組、シャブの極み群馬」

おたへるすキタヲ

弱ヘルス

VS

でかい一物

テレホンクラノ

第1試合

30分1本勝負

「50、80喜んで。安心してください。入ってますよ。アウトサイダー根岸デビュー戦」

ヘン・チーナ

VS

アウトサイダー根岸


コーガンズ・ホールディングス

悪役軍団山田組二代目組長のハレタコーガンが運営する(仮想)総合商社。①アマチュアプロレスというジャンルをもっと広めたい。②キャッチルールというジャンルをもっと広めたい。③様々なジャンルの事柄を面白くする。ってな活動を主に行っていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000