アマプロOCTOPATH TRAVELER act3 TATSUYA

旅立とう、きみだけの物語へ 

 この物語は10周年を迎えるWIN 

 そして8月19日に行われるWIN10周年記念試合に 

 参戦するレスラー達のハレタコーガンから見た物語である


TATSUYA


彼とカズの話をするにはまずこの事を話さなければならない。


プロレスリングZERO


高校生のグループによるプロレスサークルです。

侮ってはいけない。

彼らは新木場1stRINGも

新宿FACEもフルハウスにしてきた驚異の集団です。


大人しい長男

新しもの好きの次男

兄ちゃんに笑って付いてく末っ子


なーんかそんなメンバー。

次男がプロレスやりたいって初めて長男がまとめて

末っ子が興味津々で付いてく


TATSUYAはそんな末っ子タイプ


俺はスポセンで三人とスパーするんですが

長男のカズはそつなく上手いタイプ

次男のヒデは伸びやかだけど感性で動くタイプ

末っ子のたつやはどちらでもないんだけど


「ちゃんとやられる」


事に長けてたタイプでした。

だからかどうか分からんけど

俺は多分彼によく教えたんだと思う。


教えるんだけどイチから説明するんじゃなく目の前に置いて

それを拾ってもらうスタイル。

だから気付くかどうかは彼次第ってやり方だ。


その時々に必要なスキルと感覚ってのはあのキャリアで

持ってる奴はなかなかいなかっただろうな。


何故そんな回りくどい事をしたかってのはカズの影響もあったんだけどね。

それはまた別の回に。


その後TATSUYAはWINに入団する。


「二浪して大学に入れなかった男」


として社会人プロレスの期待の新生になった訳だが

なかなか波乱な奴だよな。


ケンタDXとの不穏試合

ハレタコーガンとのシングルマッチ

ハミチツ二郎とのライバル対決


を経て彼もWIN世界ヘビー級王座を獲得。(ちょっと前後関係は覚えてないけどー)

WIN10周年にTATSUYAの存在は欠かせないのです。

クリウがダイジェストでまとめてくれた動画がありました。

スポ戦MANIAで急きょ実現した王座戦。

イレギュラーで決まった試合だけどやって良かったですね。





そんな彼は8月のWINの後は


9月28日(金)20:00~ 新宿FACE

プロレスリングzero Vol.4 〜済川尚孝結婚記念興行〜



ここではzero興行が復活。

平日夜ですが時間作ってご覧いただければと思います。


その前に。

前にシングルした時は日本地図みたいなチョップ痣が二週間消えなかった。

世界地図作ってみろやー

俺もボッコボコにしたるわ。

体で語れよ



8月19日(日)WIN レッスルサマーソニック2018 

 12:00~ 

蕨レッスル武道館 


 第4試合 WIN10周年記念特別試合 8人タッグマッチ30分1本勝負 

 エリリン高木&プリンス石井&TATSUYA&KAZU 

 vs 

 ハリケーン津田&ハレタコーガン&ジミーヤンキー&力丸乃りお 


 #win0819 




コーガンズ・ホールディングス

悪役軍団山田組二代目組長のハレタコーガンが運営する(仮想)総合商社。①アマチュアプロレスというジャンルをもっと広めたい。②キャッチルールというジャンルをもっと広めたい。③様々なジャンルの事柄を面白くする。ってな活動を主に行っていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000