#sposen10 スポ戦MANIA vol10振り返り

いやー怒涛の忙しさで振り返り出来てませんでしたね。


ダーク

豪華な面子の9人によるランブル

しかも、ダークなのに興行食ったろって奴も何人かいてそれは刺激的でした。


鴉野は直接負けたんでまず唾つけとかんとな。

シンジケートも色んな団体でカード組まれて調子いいと思うけど

そういう時こそもっと「小さいプロレス」目指して欲しい。

細やかな技術、タッチワーク、外的要因の創造

見る人が見れば感じる技術

MEN'Sテイオー選手の言う中核へ向かうベクトルをアマチュアのユニットで

出せるのはシンジケートくらいだろう。


西行はお疲れさんだね。やっぱり上手いなと思ったよ。

特にディーノ好きという事で即興の辻褄合わせが似てたしいい技術だと思った。

もっとゲスく絡んでも良かったかな


チェリーマン

ドロップキック喰らっただけで只者ではないのは分かった。

もうちょっと絡みたかったね。ってか今度はタッグくらいで当たりたいね


ヨッチャン

流石のインパクトだね。朝めちゃくちゃローテンションなのもこの為の生贄なんだろうね。

何故か意識して見てみた。なんとなくコイツとの距離感というか画角が見えた気がする。


ヘンチーナ

健プロで闘ったから実は一番やりずらかった(笑)

矢野啓太プロレス研究会頑張ります!


辺流

オレンジのタイツがサベージ風で笑った

細マッチョマン


RYO

受けがいいのがいいレスラーの証拠だと思うから目指す方向はいいと思うよ。

でもインパクトをひとつ用意するのも大事だと思うよ。


健遅漏

基礎基礎しか絡めなかったけど、ギアを変えて臨みたいね。

彼も気になる気になる


全員が攻撃対象になりました。

この試合は今後出てくるストーリーのフラグになるんだろうね。

大事な試合でした。

個人的にはロックホーガンできたから楽しかったけどね。


第1やまと根岸

序盤は想像通りの展開。

口撃が出てやまとのペースが出来てきた。

ラッシュのリズムが素晴らしい

三角飛び式ミサイルキックとかオリジナルだよねー

いい閃き


根岸さんのスモールパッケージのキレは凄いな。

最後の押さえ込みは健遅漏戦でも見せた強引な押さえ込みを改良した形。

あれは返せない。

素晴らしい!


第2クリウvsヴァサラ

試合前あやまる前提でいたクリウだが、そんな事ないない。

メタルギアのスネークみたいなCQCがコスチュームに合ってる(笑)

不条理を前面に押し出す感じ好き

ヒーローなのにろうそくとムチを使うヴァサラはらしい!

最後の爆発にあわせた「パン」っていうクラッカーの乾いた音が良かった。


第3ベイダーズ橋本ズ

これは俺が見たくっていろいろ声かけて実現出来たカード。

いやー最高です!

あの会場の中で一番満足したのは私と断言してもいいくらい楽しみました。

オマージュってやっぱり業界に対するリスペクトの一番分かりやすい表現方法だとおもう。

それをひとりひとりは本物には適わない

でもアマチュアだから1人でダメなら増やせばいい3人揃うと文殊の知恵?3本の矢?

リスペクトは3倍になるでしょう!

でんこも無理な甲冑オファーありがとう。しっかり彼もレスラーしてた!

橋本二人のトータルイリミネーションなんておつな連携やド迫力のベイダー連携

これで声枯れた(笑)


第4メソSAGAT

プロを呼んだね。勿論ギャラを払っている。技術に対する対価を怠る事はない。

そしてSAGATは期待通りお金を貰うっていうのはこういう事だと存在感、間の取り方

技術で示した。

メソもうつむかずよく闘いました。

あのメソが綺麗に技を決めるようになったよね。

キャリアが成せるものか。


ヤンキーが「小さいから。。。」で突っ込んだのに

「ポークビック」と言ってごめんなさい。



セミ

マネ物vsハミコンジ

佐々木コンジロームJr

やべぇな。強烈だったな。

マネ物に霞むんじゃないかって思ったけどあいつの狂気が凄かった。

アマチュア界に恐怖な存在が出てきたね。


邪馬屠&カズマvs佐々木&パット


なんてカード見たくなった。

勿論俺も闘いたい!


そしてね。あのギアに入っても綺麗にまとめていくマネーは流石だなって思った。

一物もそういうの上手いんだけど、もっとクールに見てるよね。

実技者で見て凄いなと思った。あんだけクールなのに不穏ギアだすの結構むずいよ。


若頭も負けてストーリーを残したよね。

山田組ってそんな思考の奴らばっかり(笑)


メイン

スナイパーケンタの凄いところをちゃんと引き出して被せていったヤンキーは面目躍如だよね。あーゆー攻防は好き。

ギスっとしたのも欲しかったけどそれはキャラじゃないしね。最初の握手でそこらへんを表現させてるんだよね。

バックドロップのやり合いで足が痛くて体制が崩れるのも意識してんすかね。

なんか即興の辻褄あわせも何個か合って面白かった。

ダッキングのポジションとかね。

いい試合でした。


10回目に相応しいいい興行の流れが見れてかなり満足でしたね。


今年はこれで終わり。


あとはサプライズですか


次回も闘いたい相手が出ればまたやりましょう。

ヤンキーもそういう気持ちになればまたやりましょう。

コーガンズ・ホールディングス

悪役軍団山田組二代目組長のハレタコーガンが運営する(仮想)総合商社。①アマチュアプロレスというジャンルをもっと広めたい。②キャッチルールというジャンルをもっと広めたい。③様々なジャンルの事柄を面白くする。ってな活動を主に行っていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000